SHEET METAL板金工事

大阪(八尾市)の蜷喜板金 > 事業内容 > 板金工事

板金とは・・・

板金工事は、金属薄板などを加工して工作物に取り付けたり、工作物に金属製などの付属物を取り付けたりする工事です。
例えば、屋根工事の一部や外壁の水切り、フードなど、板金を使用する工事全般を指します。

工事内容

笠⽊
⾕・⾕の⼊れ替え
破⾵
平板張り
(ステンレス)
フード
など
家の外部で言うと、破風や笠木などの部分は、雨や風の影響を受けやすい箇所のため、経年劣化で表面の塗膜が剥がれたり、腐食したりして、雨漏りの原因になってきます。
メンテナンス方法として「塗装」を行うことが基本ですが、塗膜が剥がれやすいという理由から「板金巻き」が施工されることが多くなりました。

板金工事は、破風や笠木などを完全に覆ってしまうため、雨風や紫外線による劣化を止めることができます。
見た目を綺麗にしたい方や、劣化したところからの雨漏りが心配な方に、よく施工される工法です。
庇の表面には板金が張られていることが多いです。
昔の庇の素材の多くはトタンでしたが、今は錆びにくいガルバリウム鋼板で施工することが多いです。

内部で言うと、厨房・キッチンのフードや、壁にステンレスの板を張り付けるのも、板金工事になります。
⽕災保険での修理も受けたまります

大阪(八尾市)の屋根・雨漏りのことなら
有限会社 蜷喜板金(ニナキ)へ

当社は創業30年、八尾市を中心に地域密着で施工を行っています。小規模から大規模まで、あらゆる現場で培ってきた豊富な知識や技術、経験でお客様に寄り添いながら、快適な住まいづくりをお手伝い致します。些細なお困りごともどうぞお気軽にご相談ください。八尾市を中心に大阪府下でもお伺い致します。

LINEでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

〒581-0091 大阪府八尾市南植松町5丁目197