EXTERIOR WALL外壁工事

大阪(八尾市)の蜷喜板金 > 事業内容 > 外壁工事

外壁工事

雨風から生活を守る、重大な役割を担っています。
また、外壁は住まいの顔ともいうべき存在。
外壁には、金属・窯業・タイル・モルタルなど、住まいの外観を華やかにするさまざまな配色もあります。
中でも金属の外壁材は、耐久性・耐候性・遮熱性・デザイン性に優れる材料です。
高品質なガルバリウム鋼板の登場で、従来外壁材として使用されていたトタンは姿を消しました。
そして、各材料メーカーさんの企業努力により、豊富な種類のデザイン・色から、金属の外壁材を選ぶことができるようになりました。
また、ガルバリウム鋼板は、外壁材の上から重ね張りを行うことができるカバー工法にも適しているため、ガルバリウム鋼板を使用した外壁ではない場合のリフォームに広く採用されています。

工事内容

外壁サイディング
(金属・窯業)工事
波板・プリント⼯事
外壁塗装工事
など
建物の壁には塗装がなされており、時間が経過するにつれて、雨水や紫外線などの影響を受けて劣化していきます。
外壁の劣化は見た目の印象が悪いだけでなく、耐久性も低下します。
外壁の劣化は建物本体の劣化につながり、ひいては居住性が悪化することにもなりかねません。

外壁は美観を保つことが目的ではありません。外壁は美観も大切かもしれませんが、本来、外壁とは家の中に『熱・音・水』を防ぐ為のものです。
防水性を高めることは、建物の寿命を延ばすことにもなります。
壁のひび割れや剥がれは、経年劣化することで、壁の内部に雨水が入り込み、土台や柱を腐らせてしまう、ということです。
屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、外壁からの雨漏りは、外側のひび割れ位からしか判断する事が出来ません。
材木は30%の水分を含むと、腐朽菌という菌が発生することで、シロアリを呼ぶ可能性があります。

一般的に持ちがよいとされているサイディングも、目に見える傷がないから大丈夫というわけではありません。
雨風・紫外線などによる自然現象によってもダメージを受け劣化して行ってしまいます。
メンテナンスを検討すべき症状は、コーキング(シーリング)の劣化・塗装のはがれ・チョーキングの発生(外壁を触った時に白い粉が手についてしまう症状)、サイディングの反り・亀裂・ヒビ・カビ・汚れ・変色などが見られた場合は、特に早めの対処が必要になります。
症状によって、塗装、補修、重ね張り工事(カバー工法)、張替え工事の方法があります。
張替え工事までしないといけなくなると、既存のサイディングを撤去してからになりますので、費用や工期が他のメンテナンスに比べてかかってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。
⽕災保険での修理も受けたまります

大阪(八尾市)の屋根・雨漏りのことなら
有限会社 蜷喜板金(ニナキ)へ

当社は創業30年、八尾市を中心に地域密着で施工を行っています。小規模から大規模まで、あらゆる現場で培ってきた豊富な知識や技術、経験でお客様に寄り添いながら、快適な住まいづくりをお手伝い致します。些細なお困りごともどうぞお気軽にご相談ください。八尾市を中心に大阪府下でもお伺い致します。

LINEでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

〒581-0091 大阪府八尾市南植松町5丁目197